もう迷わない!UR賃貸

UR賃貸の母体であるUR都市機構についての概要

住む人へ住環境からサポートを行うUR賃貸

2014年1月12日 // by admin

入居や今後住んでいく上での嬉しい制度が数多くあるUR賃貸では実際に住む人の生活を住環境からサポートしてくれています。

UR都市機構の定めた期間にフリーレント対象物件に入居申し込みをすると入居可能日からの1ヶ月家賃相当額が無料となる場合があり、入居費用が少ない方には嬉しい制度です。

また、UR賃貸では社宅としての契約も可能で会社とUR都市機構の契約が可能ですので会社を経営されている方にとってビジネスサポート+従業員の住居の確保に不安が生じません。

またライフスタイルの多様化のニーズに応えた制度の一つとしてハウスシャアが可能な物件があります。

一定の条件をクリアしていれば入居者全員が契約者となることが可能なので友人との共同生活も実現可能です。

その他にもマルチハビテーション(セカンドハウスとしての利用)【参考URL:http://allabout.co.jp/gm/gc/63939/】として賃貸契約ができるので都市間にお勤めでご自宅が郊外などにある場合帰宅困難な日が多くホテル住まいを強いられている方にとっても、週末に郊外で趣味に没頭したいと願う方にもオススメの新しいライフスタイルです。

そのほかにも入居時の収入緩和によって一定収入額に満たしていない方は以前までは申し込むことができませんでしたがこの収入緩和によって収入額が一定の基準に満たしていなくても貯蓄額が一定基準以上あれば申し込みが可能です。

また、家賃などの一時先払い制度、学生向け賃貸や次回もUR賃貸で住まわれる方に嬉しい敷金引き継ぎ制度と必要書類省略制度などがありサポートしてくれています。

Comments are closed.