もう迷わない!UR賃貸

UR賃貸の母体であるUR都市機構についての概要

UR都市機構とは何ですか?

UR都市機構はかつての都市公団から平成16年7月1日に引き継いだ日本全国に約76万戸もある賃貸住宅(※一般的に広く認知されている名称は“公団住宅”です)を都市再生機構“Urban Renaissance Agency”が新しく舵を引き続き行い新名称『UR賃貸』として現在も賃貸の経営を行ったりしています。

UR賃貸ではデザイナーズ物件やペット飼育の可能な住宅の提供、仕事が忙しく帰宅困難なことが多い方などに向けた『マルチハビテーション』と呼ばれる賃貸、所謂セカンドハウスの賃貸物件、高齢者向けバリアフリー住宅、実家を離れた場所で勉強をされる学生の方に適した、ハウスシェアも可能な賃貸住宅などもあり生活スタイルの多様化に合わせたさまざまな賃貸を提供してくれていますので、ライフスタイルに適応した賃貸住宅選びが可能です。

その他にもUR都市機構では都市のプロデュースする立場に立ち構想企画など民間による都市再生企画を推進してくれる『都市再生』

旧都市公団から引き継いだ住宅の入居者安定や管理、そして未整部分のバリアフリー化などを行う『住環境整備』

緊急災害時のふっこうじぎょ災害復興支援、郊外環境づくりを行『使命』『信条』を企業理念に地域住民の都市生活を基盤から支えている会社です。

関連サイト》》UR賃貸ハートフルナビ